目のクマに良いサプリはこれだ

目のクマがあるのとないのとでは顔の印象がとても違って見えるので気になりますよね。不健康に見えたり、年齢より老けて見られたり…寝不足だからクマが出来ると思われがちですが、そうとは限りません。青いクマ →血行不良が原因・黒いクマ →目元のたるみやむくみが原因・茶色いクマ→色素沈着やくすみが原因。と大きく3つあり、それぞれ原因が違うように予防法・解消法も違ってきます。

 

・青いクマ →コラーゲン摂取と血流アップ
・黒いクマ →コラーゲン摂取とツボ押し
・茶色いクマ→美白対策

 

規則正しい生活やストレスをなくすことでだいぶ緩和されます。さらに最近コラーゲンやヒアルロン酸入りの化粧水やコンシーラーなどたくさんの種類があり、そちらを活用するのも目立たなくなり効果的ですが、同時に目のクマに良いとされるアントシアニンなどが含まれているサプリメントを体内に摂り入れることでより効果が表れるとされています。自分の持つ目のクマの症状に合うサプリメントを見つけてみてはいかがですか?

 

めなりの特徴

最近はパソコンやスマホの普及によって生活には欠かせないものとなり、ほとんどの人がないと困ってしまうほどの依存傾向にあります。なので必然的に目が疲れる、乾きやすい、かすんで見えるなどの目の悩みも多くなります。めなりは目に良いとされるたくさんの栄養素がたっぷり配合されたサプリです。ブルーベリーの5倍のアントシアニン、吸収率約200%、持続力が2.5倍とされるビルベリーを使用。他にも紫外線から守るルテイン、美容成分のアスタキサンチン、ビタミンやミネラルなど一切の妥協を許さず開発されているので安心して摂取出来ます。

価格 907円
評価 評価5
備考 ビルベリー100%使用

 

北の国から届いたブルーベリーの特徴

生活に欠かせないパソコンやスマホは気を付けていても気づけば長時間使ってしまい、目の周りの筋肉が凝り固まり、血流が悪くなったりピント調節がうまくいかなくなってしまいます。北の国から届いたブルーベリーは目の疲れを和らげてくれるサプリです。なぜなら1粒にブルーベリーの3倍のアントシアニンが含まれているビルベリーの60個分がぎゅっと凝縮されています。機能性表示食品としてリニューアルされたので、より一層効果が期待できます。1日たったの一粒でいいので、手軽に摂取出来ますし続けやすいですよね。

価格 2,052円
評価 評価4
備考 野生種ビルベリー

 

ルックルックベリーの特徴

歳を重ねるごとに体力の衰えを感じずにはいられませんが、同じように見え方の衰えも気になるところですね。ルックルックベリーはそんな老化した目にすっきり感を与えるサプリです。目がショボショボ・視界がぼんやりの原因はアントシアニン不足と言われています。アントシアニンは体内で作る事が出来ず、体内に摂り入れても1日で尿と一緒に出てしまいます。ビルベリーにはブルーベリーの4倍以上のアントシアニンが含まれています。アサイーはカルシウム、鉄分、ビタミン類など多くの栄養素がたっぷり含まれています。他にもルテインやカシスなど目に良いとされるものもぎゅっと凝縮。1日2粒しっかり飲み続けることで細かい作業や長時間の仕事なども楽になります。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 アサイー・野生種ビルベリー

 

目のクマができる原因は?

 

目のクマができると、「あ〜あ…」という気分になりませんか?朝になってからの発見でも、大抵は原因に何となく心当たりがあるものですよね。そこでここでは、目のクマができる原因についてお話します。なるべく原因を作らないように過ごして、目のクマと縁を切れるといいですね。

 

睡眠不足が原因?

 

目の下にクマができていると、「睡眠不足じゃないの?」と周囲に聞かれたり、「睡眠不足かな」と自分でも思ったりしませんか?

 

確かに寝不足だと目のクマができる確率が高いものですが、実はその奥にもっと深い原因が潜んでいることが多いようです。

 

例えば、青っぽくなっている目のクマは、血の巡りが悪くなっている証拠。睡眠不足により血行不良が起きて、クマになってしまうのです。多くの場合、肌荒れも同時に起きているので、青クマができたときは肌の調子もチェックしてみたほうがよいでしょう。血行を良くすれば目のクマも肌荒れも改善してくるので、対策方法の一つである睡眠をしっかりとっておきましょう。

 

眼精疲労やドライアイが原因の場合も

 

目のクマは目の下にできるものですが、目そのものに原因がある場合もあります。例えば、眼精疲労やドライアイなど、現代に多い目の症状も目のクマを作る原因の一つです。

 

なぜ眼精疲労やドライアイから目のクマが出来てしまうのかといえば、やはり極度の目の疲れや乾燥から目の周辺の血行が悪くなってしまうため。栄養や酸素は血液によって運ばれているので、血行が悪くなれば目の周りが栄養不足や酸欠の状態になるのです。

 

他にも、紫外線や皮膚のこすり過ぎなどによる色素沈着、老化によるたるみなどから目のクマができることもあります。自分の目のクマの原因を究明することで、より確実な対処法が見つかりますよ。

 

目のクマの解消に良い成分

 

目のクマの原因を突き止めたら、今度はクマを解消することを目指したいところです。中には1日もすれば改善する目のクマもありますが、それはたまたまクマを発見してからの生活が改善された可能性が高いです。原因によっては、早めに適切な対処をしなければ手遅れになりかねません。そこでここでは、目のクマの解消に効果的な成分を紹介します。

 

目や皮膚の健康に欠かせないビタミン

 

目のクマを解消するためには、血行不良を改善するのが効果的です。血行不良はマッサージや睡眠によっても改善されますが、血液の流れが良くなってきたところですかさず栄養を与えてあげるのも忘れてはいけません。

 

また、血行不良の予防をするために、日頃から血液の流れを停滞させないような栄養をとることもオススメします。まず欠かしたくないのが、ビタミン類です。ビタミンにもいろいろな種類がありますが、目に必須のビタミンもあります。

 

例えば、ビタミンB2は皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンで、目の健康のためにも外せない栄養です。ビタミンAとビタミンB1は目の疲れを回復し、ビタミンEは血流を良くしてくれます。ビタミンCは、色素沈着を防ぐために効果的な栄養素です。総合すると、マルチビタミン的な役割をはたしてくれるビタミンが良いのかもしれません。

 

目のクマが解消する?カシス

 

ブルーベリーなどのベリー類、カシスなども、目の周りの健康に良いといわれています。カシスやブルーベリーなどが目のクマに良いといわれるのは、天然のポリフェノールを多く含んでいるから。

 

抹消の血流改善に効果があるというデータも報告されているこれらのポリフェノールは、目のクマを改善するにも役立ってくれるでしょう。

 

中でもカシスはブルーベリーよりも強力なポリフェノールを多量に含んでいるとされ、、摂取によってクマが解消したというデータも発表されているほど期待できる食品です。

 

目のクマの解消にマッサージを行う

 

目のクマの原因が血行不良にある場合、マッサージが功を奏します。ただし、色素沈着が原因で目のクマが出来ている場合、下手に皮膚をこすると悪化する可能性があります。

 

そのため、あらかじめ目のクマの種類をチェックしておく必要があります。ここでは、目のクマを解消するためのマッサージ方法についてお話しましょう。

 

マッサージ前の準備

 

目のクマを解消できるといっても、マッサージが面倒でやる気がしないという人もいるでしょう。そんな人でもやる気にさせるには、何秒かで出来てしまうマッサージがピッタリ。そこでオススメしたいのが、30秒で出来るツボ押しです。

 

夜、クレンジングをしてお肌を保湿した後や朝のスキンケア後にマッサージすれば、ついでのケアで目のクマが改善に向かうでしょう。注意しておきたいのは、乾燥した肌の状態で刺激を与えないこと。

 

念のため、乳液やクリームなどを塗って保湿した後にマッサージすると、指の滑りもよく肌に余計な刺激を与えずに済みます。

 

目のクマ解消に効果的なツボ押し

 

目のクマを改善するために効果的なツボは、顔に3つあります。1つは睛明(セイメイ)、もう1つは承泣(ショウキュウ)、最後の1つは瞳子リョウ(ドウシリョウ)です。睛明は涙腺の近く、承泣は目の下の中央、瞳子リョウは目尻にあるツボです。ツボ押しも、この順番で進めていきます。

 

片目の目頭にある睛明を軽く押さえたら、空いている手のほうの指で承泣を軽く押さえます。2点、同時に押さえるということです。

 

睛明を押さえていた指を承泣のところまでスーッと流してから、再び睛明まで戻ります。指を戻したら深呼吸して、息を吐きながら承泣を軽く外側に向けて引っ張ってください。睛明は、押さえたままです。

 

3回繰り返したら、承泣に指をあてたままで空いている手の指を瞳子リョウにあてます。深呼吸して、息を吐きながら瞳子リョウを軽く引っ張る動作を3回繰り返したら完了です。

 

目のクマを作らせない過ごし方

 

目のクマを作らないためには、食生活を含めた生活のし方が重要なカギを握っています。例えば、睡眠不足にならないようにするのも一つの方法です。ここでは、目のクマを作らないために生活上で出来ることについて、お話しましょう。

 

目のクマを予防する生活の仕方

 

一口に目のクマといっても、種類によって対処法も違ってきます。血流が悪くなって発生している目のクマなら、青っぽくなっているのが一般的。血の巡りを良くするために、目の周辺の栄養になる食品を日常的に食べるようにしましょう。

 

ビタミン類をはじめ、活性酸素を除去する作用のある抗酸化成分を多く含んだカシスやベリー類などもオススメです。目を必要以上に酷使するのも、控えるようにしましょう。

 

仕事でパソコンをよく使う人なら、プライベートではスマホを控えるなどすると、目の負担が少し軽くなるはずです。当然のことながら、寝る前にスマホやパソコンをいつまでもいじっているのもよくありません。色素沈着系の目のクマを予防するには、紫外線を防いでしっかりスキンケアをすることが効果的です。

 

目のクマを予防するスキンケア

 

色素沈着系の目のクマに限らず、目の周りのスキンケアには気を遣ったほうがよいでしょう。目の周りの皮膚は非常にデリケートですが、放っておくと筋肉がこわばったり緩みがちになってしまう部位。加齢によって起こるたるみが目のクマの原因の一つにもなるように、目の周りの筋肉はいつも鍛えておくほうがよいのです。といっても、パソコンやスマホを見っぱなしというのは逆効果です。

 

かえって筋肉が緊張しっぱなしになったり、じっと固まったままでいることから、筋肉の状態を悪化させてしまいかねません。

 

寝る前に目の周りの筋肉をほぐしたり、目玉をキョロキョロさせる運動をするのもオススメします。保湿も大事なスキンケアの一つですが、目の周りの皮膚はとてもデリケートですから、力を加え過ぎないように注意してください。

更新履歴